立地条件や安全性|地震に強い家で安全な生活を送る|住宅選びの重要性
ソファー

地震に強い家で安全な生活を送る|住宅選びの重要性

立地条件や安全性

間取り図

鎌倉は、南側は海に面していますが、それ以外は山に面しています。自然に囲まれていることから、空気の良さや食べ物のおいしさから、鎌倉には住まう地域としての高い人気があります。また、歴史的な建造物が多く残されていますし、工芸品などを展示している博物館や美術館も多くあります。そのため歴史や伝統を好む人々からも、注目されています。それでいて、都心部と中部地方それぞれへの交通アクセスも良いので、多くの人が鎌倉に住まうために、マンションを借りています。これだけ長所の多い地域ですが、鎌倉の地価は県内では平均となっています。そのためマンションの賃料も、築年数や設備にもよりますが平均的な金額となっているので、その点でも注目を集めています。

鎌倉は、先述したように南側が海となっているので、大地震の際には津波による被害が発生する可能性があります。もちろん、湾岸エリアには防波堤がありますが、それを超える津波が襲ってくる可能性はゼロではありません。そのため避難のために利用できるビルが指定されているのですが、マンションの場合、建物から出ずにそのまま高層階に移動するだけで、津波から逃れることが可能となります。また地震が比較的多いエリアなので、鎌倉のマンションの多くが、耐震面をしっかりと考えて建てられています。つまり鎌倉では、マンションを借りて暮らすことは、津波からも揺れからも身を守ることにつながるのです。このように、魅力的な地域で安全に暮らせることから、鎌倉の賃貸マンションの需要は高まっています。